Technique 建築仕様

  1. 基本構造

    本構造

    • 耐震性
    • 高気密・高断熱
    • 砕石パイル工法
    • シロアリ被害を未然に防ぐ家づくり
    • パッシブデザイン

  2. 基本構造

    部仕様

    • サッシ
    • 外壁・屋根

  3. 基本構造

    部仕様

    • フローリング
    • 建具
    • 内装

  4. 基本構造

    作家具

本構造

  1. 耐震性
  2. 高気密・高断熱
  3. 砕石パイル工法
  4. シロアリ被害を未然に防ぐ家づくり
  5. パッシブデザイン

耐震性

耐震等級3が標準仕様。
地震から家族の生命を守る家。

耐震等級とは、地震に対する家の強さを3段階であらわします。
プライムホームでは最高等級である『耐震等級3』を基準としております。等級3は等級1で想定する地震の1.5倍に耐えられる強さであることを示します。
また、当社では計画的に面全体で支える『パネル工法』を標準で採用しております。

面全体で支える『パネル工法』とは

構造用合板を建物外周部に張って壁倍率2.5倍の耐力壁とすることが可能。これにより外力を面全体で力を支えるので、強い横からの力に耐えることができます。また、気密性や遮音性に対しても効果が認められます。

『パネル工法』
耐震性のイメージ

高気密・高断熱

部屋間の温度差が少なく、
一年を通して居心地のよい空間。

窓などの開口部や壁、床、天井をしっかりと断熱・気密施工した高断熱高気密住宅では、室内の温度差が少なくなり、一年を通して快適な温度の居住空間になります。
熱の出入りが少なくなるので、冷暖房の効きが良くなり、冬も夏も少しの冷暖房エネルギーで快適な暮らしが実現します。
当社では高気密高断熱材『アイシネンLDフォーム』を準標準化することにより高断熱性と共に気密性に重点を置いたご提案をしております。この『アイシネンLDフォーム』は数ある断熱材の中で唯一生涯保証が付保された断熱工法となります。

高気密・高断熱のイメージ

砕石パイル工法地盤保証30年

土地の100%リサイクル可能。
土地の資産価値を落とさない地盤改良。

知っていますか?岡山で新築されるほとんどの建物で地盤補強工事が行われていることを?そして、そのほとんどが地盤補強によって土地の価値を大きく損なわせていることを?一般的な基礎補強工事であれば40~60本程度、深さ最大10~20mもの補強杭が地中に埋まった状態となります。これが将来的に建物を解体し売ろうと考えたとき致命的な欠陥となります。地中に深く堅固に埋設された杭は抜けないとは言えませんが撤去するにあたって多額の費用が必要となります。※砕石杭自体は放置しても何ら問題ありません。
当社では地盤の状態にも寄りますが砕石パイル工法をお勧めしております。これにより、土地の資産価値を落とすことなく次世代に引き継ぐことが可能となるからです。また、強い地震があったとき、地盤の液状化は非常に怖いものですが、砕石パイル工法の砕石杭は、それ自体が水を通すため、水圧を逃がす効果があります。何本もつくられた砕石杭により液状化が発生するリスクを低減することができます。

砕石パイル工法のイメージ

シロアリ被害を
未然に防ぐ家づくり

お引渡しから10年に渡って、
累計1,000万円の安心保証。

当社が採用している『Jotoキソパッキング工法』は、基礎と土台の間にキソパッキンやキソパッキンロングを敷きこみ、自然の気流で床下全周換気を促すと同時に、基礎と土台を絶縁し、コンクリートからの湿気が土台に上がることを防ぎます。玄関・勝手口土間区画の気密パッキンロング、建物外周のJoto防鼠付水切りと合わせて使用することで、腐朽菌やシロアリからの被害を未然に防ぐ工法です。

シロアリ被害を未然に防ぐ家づくりのイメージ

パッシブデザイン

“自然エネルギー”をそのまま利用して、
快適な住まいづくりを。

パッシブデザインとは、エアコンなどの機械を使わず、太陽の光、熱、そして風といった「自然エネルギー」をそのまま受動的に利用して、快適な住まいづくりをしようとする設計思想・設計手法のことを言います。
例えばサッシ1つとっても、東西向きには高遮熱ガラス、南北向きには高断熱ガラスと使い分けることにより外部からの熱の出入りを上手く制御出来るようしております。また、季節により風向きも絶えず変化していきますので統計データを元にサッシの形状・サイズ・位置などを検討の上、配置しております。

パッシブデザインのイメージ

岡山の風向き

★★dummy★★
グラフ引用元: Weather Spark より

部仕様

  1. 外壁・屋根
  2. サッシ

外壁・屋根

お好みに合わせたコーディネート。

窯業系サイディングを初め、所謂塗り壁や板金など様々な工法の選択肢を設けさせて頂いておりますのでお好みに合わせてコーディネートさせて頂きます。

外壁・屋根のイメージ
外壁・屋根のイメージ
外壁・屋根のイメージ

サッシ

岡山の地にあったサッシを実現。

プライムホームでは『LIXIL サーモスⅡ-H Low-E アルゴンガス入』を標準採用しております。デザインと性能を兼ねそろえた樹脂×アルミのハイブリッドサッシ。
樹脂サッシでは日照時間の長い岡山では劣化しやすいため、アルミと組み合わせることで岡山の地にあったサッシを実現しています。トリプルガラス仕様の商品も安価で提供させて頂いておりますのでご興味のある方はお問合せください。

サッシのイメージ

部仕様

  1. フローリング
  2. 内装
  3. 建具

フローリング

素足に触れる天然木の心地よさや温かみ。

当社は標準で無垢フローリングを採用しております。
板一枚一枚で表情が違いますのでプリントのフローリングに比べて張りあがりの美しさは雲泥の差があります。無垢フローリングはメンテナンスの点で嫌煙される方もいらっしゃいますがウレタン塗装を施したタイプであれば基本メンテナンスフリーでご利用頂けます。お客様のお好みに合わせて材種・幅・色・硬さなどサンプルを見て頂きながらお選び頂けます。

フローリングのイメージ

内装

お客様のお好みに合わせたご提案。

当社標準はビニールクロスを採用しておりますが珪藻土や漆喰などの塗り壁もご提案致しております。お客様のお好みに合わせてご提案させて頂きます。
また、当社では内装に材木やタイルを取り入れた提案を多くさせて頂いております。

内装のイメージ
内装のイメージ
内装のイメージ

建具

フルオーダーメードで、
建具1枚1枚を作成することが可能。

内部建具に於いて、標準はリクシルやパナソニックなどのメーカー品を採用しておりますが特にこだわりのあられる方はフルオーダーメードで建具1枚1枚を作成することが可能。費用的には少々上がってしまいますが納まりの美しさや無垢板の建具を採用したい方にはお勧めさせて頂いております。

建具のイメージ

作家具

1点1点をオーダーメイドで。

最近は物を外に出さないでスッキリとシンプル暮らしたい!という方が多く、備え付け家具の需要が高まって来ているのを感じます。当社では現場の大工が加工して作る造作から家具大工が工場で製作する造作まで1点1点をオーダーメイドで承ることが可能です。

 

造作家具のイメージ
造作家具のイメージ
造作家具のイメージ
造作家具のイメージ